神経剤接触の女性が死亡、男性は依然重体 英南部

神経剤接触の英女性が死亡

(CNN) 英南部エイムズベリーで兵器級の神経剤「ノビチョク」に接触したとみられ、重体に陥っていた男女のうち、女性が8日に死亡した。ロンドン警視庁が発表した。

死亡したのはドーン・スタージェスさん(44)。英警察の対テロ責任者は同日、「衝撃的で悲劇的な知らせ」だと述べて遺族に弔意を表した。スタージェスさんは3児の母だったという。

同じ場所で倒れているのが見つかったチャールズ・ロウリーさん(45)は、依然として重体。警察によると、2人はノビチョクに汚染された物に手で触れたとの検査結果が出たが、それが何だったのかは分かっていない。

ノビチョクは今年3月、エイムズベリーからわずか数キロのソールズベリー市内でロシア人元スパイが襲撃された事件でも使われた。しかし、スタージェスさんらが同事件の現場とみられる場所を訪れた形跡はないという。

英国のメイ首相は8日の声明で、スタージェスさんの死に衝撃を受けていると述べ、警察と治安当局が殺人事件として捜査を急いでいると強調した。

ノビチョクは冷戦時代、旧ソ連で極秘に開発された強力な神経剤だが、ロシアは3月の事件への関与を全面的に否定している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]