北朝鮮、軍トップ3人を一斉交代 正恩氏に忠実な若い世代起用

北朝鮮、軍トップの3人を一斉交代

(CNN) 米国との首脳会談を来週に控えた北朝鮮が、軍の最高幹部3人を一斉に交代させたことが分かった。高齢の3氏に代わり、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に忠実な若い世代の幹部が就任した。

韓国統一省は4日、朝鮮人民軍の政治査察機関、総政治局のトップが金正覚(キムジョンガク)氏(77)から金秀吉(キムスギル)氏に交代したことを確認した。

さらに韓国の聯合ニュースが匿名の情報当局者の話として伝えたところによると、人民武力相(国防相に相当)が朴永植(パクヨンシク)氏(68)から努光鉄(ノグァンチョル)氏、軍総参謀長が李明秀(リミョンス)氏(81)から李永吉(リヨンギル)氏に交代した。

専門家によると、新任の3人はこれまでも要職に就き、正恩氏への忠誠と外交経験で知られていた。

正恩氏は2011年に最高指導者の座を継いで以来、政治、軍体制の基盤固めを進めてきた。軍トップを交代させた背景には、汚職への懸念や内部統制の強化を図る意図があるとの見方が強い。

米当局者らによれば、北朝鮮が今後、外国からの投資に門戸を開放していくなかで、正恩氏はその経済的恩恵がほかの勢力に奪われないよう統制を強めようとしているようだ。特に総政治局は軍の経済活動などを監視、統制する立場にあり、幅広い権限を持つとされる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]