イスラエル軍、ガザからのトンネル破壊 米大使館移転を前に

イスラエル軍による地下トンネルの破壊はこの半年で6回目となる

イスラエル軍による地下トンネルの破壊はこの半年で6回目となる

エルサレム(CNN) イスラエル軍は12日夜、パレスチナ自治区ガザ北部との境界付近まで掘られていたトンネルを破壊したと発表した。

イスラエル軍の報道官によると、トンネルはガザを実効支配するイスラム組織ハマスが何カ月か前に建設を始め、軍が数週間前から工事の状況を監視していた。

トンネルは長さ約1キロ。イスラエルとガザの境界にあるエレツ検問所付近に達し、イスラエル側のキブツ(集団農場)のすぐそばまで迫っていたという。

イスラエル軍がガザ境界付近でトンネルを破壊するのはこの半年で6回目。

リーベルマン国防相は「ハマスは長期的な停戦を望むとのメッセージを広める一方、実際にはイスラエル領内に通じるテロのトンネルを掘っている」と非難し、「我々は今後もテロ施設への攻撃を続ける」と表明した。

イスラエルとパレスチナの間では週明け以降、緊張がさらに高まることが予想される。米国はイスラエルが建国70周年を迎える14日に、在イスラエル大使館をエルサレムへ移転する式典を開催する予定。エルサレムを将来の首都と想定するパレスチナは、移転に猛反発している。

パレスチナは翌日の15日を、多数のパレスチナ人が難民となった「ナクバ(大破局)」の日と定めている。今年はこれと同時にイスラム教の「ラマダン(断食月)」も始まる。

ガザ境界では数週間前からパレスチナ人によるデモが続き、イスラエル軍が部隊を増派してきた。

軍報道官はこのタイミングでトンネルを破壊したことについて「トンネルの向かう先を見極め、情報を集めてきた。検問所とキブツを脅かす距離に達したので攻撃を決めた」と説明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]