カナダ、米国からの不法越境者に警告 「無料切符はない」

国境警備にあたるカナダの警官。米国からの不法越境者が増えている

国境警備にあたるカナダの警官。米国からの不法越境者が増えている

(CNN) カナダで昨年以降、ナイジェリアなどから米国を経由して不法入国を図る越境者が急増している。当局はナイジェリアへ職員を派遣するなどして、「無料切符はない」と呼び掛けている。

昨年1月から今年3月の間に米国からカナダへ越境し、連邦警察に拘束された不法入国者は2万5000人以上。かつてない急増ぶりとされるが、この流れは今後さらに加速する見通しだ。

今年1~3月に拘束された人数は昨年同期の2倍を超えた。そのうえ、昨年は夏にかけて急増したという前例がある。

カナダ東部ケベック州などの米国境では、トランプ米政権の移民政策に不安を感じた移民希望者らが徒歩で越境する例が後を絶たない。昨年は大半が中米ハイチの出身者だった。

トランプ政権が、母国で災害が起きた外国人の滞在を認める一時保護資格(TPS)制度の廃止を示唆し、昨年11月にはハイチへの適用を19年7月に打ち切ると発表したからだ。

カナダ政府はハイチ系住民の多い米国の都市へ出向き、「カナダには自由に入れる」といううわさを打ち消す対策を取った。

これが功を奏して今年はハイチ出身者が減る一方、ナイジェリア出身者が多数を占めるようになった。米国にビザを取って入国し、すぐにカナダへ越境するケースだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]