誕生日に退職の男性、宝くじで1.7億円当てる カナダ

宝くじを当て、満面の笑みを浮かべる男性

宝くじを当て、満面の笑みを浮かべる男性

(CNN) 勤め人としての最後を飾る日が自らの誕生日と重なったカナダ人の男性が、同じ日に宝くじを買ったところ、200万カナダドル(約1億7000万円)を当てる出来事がこのほどあった。

誕生日と同じ日に退職日を迎えたこの男性は、ブリティッシュコロンビア州リッチモンドのコンビニエンスストアで宝くじを1枚購入した。

1から49までの数字の中から6つを選ぶ方式のくじで、男性が選んだ数字はすべて当たりの数字と一致。賞金200万カナダドルを手にすることになった。

宝くじの運営団体によると、6つの数字すべてが当りとなる確率は1398万3816分の1。

宝くじ側が公開した声明の中で男性は、誕生日に退職日、宝くじの大当たりと3つの特別な出来事が同じ日に起きたことが「信じられない」と語った。

そのうえで「長い間一生懸命働いてきた。この大金を家族と分け合うのが楽しみだ」と付け加えた。

宝くじの運営団体は、男性の職業や年齢を明らかにしていない。カナダ歳入庁によると、宝くじの当選者に当局への報告や納税の義務は発生しないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]