ボラカイ島閉鎖、観光客「阻止」に機動隊投入へ フィリピン

ボラカイ島を閉鎖、「汚水のたまり場」で

フィリピン・マニラ(CNN) フィリピンでも有数の海岸リゾート地として有名なボラカイ島の閉鎖が予定されるなか、警察は17日、政府が半年間を予定している閉鎖中に観光客による干渉が起きないよう機動隊を投入する方針であることを明らかにした。

フィリピン政府は、ボラカイ島を今月26日から半年間閉鎖するとの計画を発表していた。

閉鎖を受けて政府は600人を超える警官をドゥテルテ大統領の指示に基づき配備する。これに加えて、138人強の群衆対策を行う部隊も投入されるという。

島の閉鎖については支持する声が少なく緊張が高まる恐れがあるが、警察幹部は、警官らが混乱を防ぐことになるだろうと語った。同幹部は、抗議デモや誘拐、爆弾などに対する緊急時の対応策についても明らかにした。

ドゥテルテ大統領は2月、島が「汚水のたまり場」となった管理上の責任について批判していた。

島では無秩序な開発が行われ、廃水が直接海に流れ込んでいるような状態だった。

ボラカイ島を昨年の10カ月間で訪れた観光客は約170万人。豪華客船の立ち寄りも多いという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]