グリーンランドの「人道的な刑務所」、19年完成へ さながら豪華ロッジ

グリーンランドで「人道的な刑務所」の建設が進められている

グリーンランドで「人道的な刑務所」の建設が進められている

(CNN) 氷河と雪山の絶景に囲まれた、豪華なスキーロッジのような建物――。グリーンランドの首都ヌーク郊外に建設が進む「ニュ・アンスタルチュ」は、受刑者の更生に重点を置く「人道的な刑務所」として2019年に完成する見通しだ。

刑務所の環境をできる限り普通の生活に近付けることで、受刑者は社会に復帰しやすくなり、再犯の可能性も抑えられるというのが、ここの考え方だ。

グリーンランドはデンマークの自治領で、人口は約5万6000人。国内に6カ所しかない刑務所の定員は合わせてわずか154人だ。刑務所制度はもともと開放的で、多くの受刑者が昼間に外の職場や学校に通ったり、狩りに出かけたりすることも許されている。

しかしグリーンランドの犯罪発生率は北欧諸国に比べて高く、受刑者の割合も約3倍に上る。人口の9割近くを占める先住民は戦後、デンマーク本国の政策で都市へ移住した。その結果、伝統的な社会生活が崩れて失業、アルコール依存などの問題が目立つようになった。

グリーンランドで重罪を犯したり精神疾患と判定されたりした受刑者は、これまでデンマークの首都コペンハーゲン郊外の刑務所へ送られてきた。しかしデンマーク語を話せないために看守との会話が成立せず、家族が面会に行くこともできないなど、さまざまな問題点が指摘されていた。

新たな刑務所が完成後すれば、1960年代に建設されたヌーク郊外の古い刑務所は閉鎖され、デンマークで収監されている約30人も地元のグリーンランドへ戻れることになる。

設計を担当したのはデンマークの2つの建設事務所を含むチーム。担当者らはグリーンランドの根深い社会問題に対処するために、受刑者の背景や犯行に至った経緯などを探り、最適の環境づくりを目指したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]