厳しい寒波襲来の欧州、死者増え21人に

嵐とシベリアからの寒波で厳寒の欧州

ロンドン(CNN) 厳しい寒波に襲われる欧州で死亡者が増え、少なくとも21人に達したことが3日までにわかった。

ポーランド政府の公共治安関連当局によると、今週中に同国では15人が死亡。スペイン内務省は国内で6人が死亡したと報告した。他国での犠牲者の有無や負傷者総数は伝えられていない。

氷点下の気温や豪雪による被害は続いており、航空便は各地で大きく乱れ、空港閉鎖も相次いでいる。吹雪が止まらないスイスのジュネーブ空港は2日続きの全便欠航となった。

英国では高速道路上で数百人規模の運転手が立ち往生を強いられ、軍が1日夜に出動。一部の鉄道路線も止まり、乗客が身動き出来ないでいる。英国の一部は2日もロシア・シベリアからの凍てつくような風と別の寒波に同時にさらされ、新たな降雪と氷結に襲われた。同国南西部では洪水警報が出された。全国では数百の学校の閉校が続く。

欧州の異常気象予報サービス「メテオアラーム」によると、気象警報は欧州の中央部や南部の大半で維持されており、超低温や降雪、氷結の重大警報はハンガリーやセルビアで発令された。

欧州の多くの地域では今週積雪に見舞われ、フランス南部やスペイン、イタリアでも珍しい雪景色が出現した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]