銃の不法所持、恩赦で5万7000丁届け出 豪州

恩赦期間の3カ月で、5万7000丁を超える銃器が提出された

恩赦期間の3カ月で、5万7000丁を超える銃器が提出された

(CNN) オーストラリア政府は1日、不法所持の銃器を提出すれば罪に問わないとした恩赦について、期間中の3カ月で5万7324丁の銃器の届け出があったことを明らかにした。

恩赦は昨年7月から9月までの期間に設定されていた。銃本体以外の関連部品と弾薬の届け出はそれぞれ2432個、8万個超だった。

今回の措置は、不法所持の銃器が複数のテロ攻撃に使用されているとする警察の発表を受けて実施された。オーストラリア国内で違法に出回っている銃器の数は、推定で25万丁に上るとみられている。

恩赦が適用されない場合、銃の不法所持には28万豪ドルの罰金か最長14年の禁錮刑を科される可能性がある。

今回提出された銃器のうち、2500丁近くは自動式もしくは半自動式の銃だった。

従来型のライフルやショットガンが大半を占めるなか、一風変わった武器も目に付いた。第2次大戦中に開発された短機関銃や、1800年代に起源を持つ騎兵刀、対戦車ライフルやロケットランチャーなどだ。

そのほかペンほどの大きさしかない拳銃2丁やブリーフケースの中に収まった自家製のマシンガンも見つかった。

当局は報告書の中で、恩赦が「大きな成果をあげた」と分析。「オーストラリアの地域社会をより安全かつ安心なものにした」との見解を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]