キリバス沖で客船が行方不明 漂流の7人、1週間ぶり救助 

7人が乗っていた木造船(左)と救助に当たった漁船=28日

7人が乗っていた木造船(左)と救助に当たった漁船=28日

(CNN) 太平洋上で1週間以上前に消息を絶った客船の乗船者のうち7人が、28日に救助された。ニュージーランドの当局が明らかにした。

ニュージーランド救助調整センターによると、7人は太平洋の島国ナウルから約300キロ南東の公海上に浮いているところを、ニュージーランド空軍の哨戒機によって発見された。

哨戒機は近くにいた漁船に、7人の救助を要請した。

行方不明になっているのは全長約17メートルの島間フェリーで、約50人を乗せて18日に太平洋の島国キリバスを構成するノヌティ島を出航し、首都タラワのベシオ島へ向かっていた。

しかし到着予定の20日になってもベシオ島に到着しなかったことから、捜索が始まった。

28日に救出されたのは成人女性3人と14歳の少女、成人男性3人で、最年長者は34歳だった。

空と海からの捜索活動は29日も継続する方針。しかし他の船舶が現場の海域へ到達するには、少なくとも24時間はかかるという。

フェリーが沈没した現場はまだ特定できていないものの、間もなく特定できる見通し。ニュージーランド救助調整センターは、27日にフィジー当局から捜索活動を引き継いでいた。

ニュージーランドはキリバスから約4500キロ南方に位置する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]