アルカイダ幹部を殺害、01年以降で最高位の1人 アフガン

2017.12.06 Wed posted at 12:32 JST

[PR]

ワシントン(CNN) 米軍が支援するアフガニスタン軍が国際テロ組織「アルカイダ」の関連グループ「インド亜大陸のアルカイダ(AQIS)」の幹部を殺害したことが6日までに分かった。米情報筋が明らかにした。2001年に発生した米同時多発テロ以降で標的として殺害した司令官の中でも最高位の1人だという。

標的となったオマル・ビン・ハッタブ容疑者は4日、ガズニ州でアフガン軍によって殺害された。

情報筋によれば、同容疑者はAQISの中で2番目に重要な指導者で、2001年後半以降アフガンで殺害された中では最も上位の最高幹部だという。

アフガニスタン駐留米軍のニコルソン司令官は今回の作戦成功について、過去1年間でアフガン軍が達成した成長の証しだと述べた。

メールマガジン

[PR]