カタール、駐イラン大使復帰へ サウジなど反発必至

カタールがイランとの関係を強化する考えを表明

カタールがイランとの関係を強化する考えを表明

(CNN) カタールは24日、召喚していた駐イラン大使を復帰させると発表した。周辺諸国の反発を買うのは必至で、中東における外交危機は深刻の度をさらに増す恐れがある。

カタール外務省は声明で、「あらゆる分野でイランとの関係を強化する」考えを示した。

声明によれば両国の外相は同日、電話会談を行い、「共通の関心事」や「両国関係」について話し合ったという。また、カタールの駐イラン大使は「外交的義務」を果たすためイランに戻るとした。

サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)など周辺4カ国は6月以降、イランとの関係を絶つことを求めてカタールとの国交を断絶、経済封鎖を行っている。

4カ国はまた、テロ組織との関係を絶つことやカタール国内のトルコ軍基地の縮小、衛星テレビ局アルジャジーラの閉局を要求した。

これまでカタールは、これら要求の多くを無視する一方で、外交的解決策を模索していた。

一方で、イランとトルコからの食料輸入や、米国とロシアからの平和的な外交的解決を求める呼びかけにより、カタールへの圧力はある程度、緩和されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]