フィリピン軍、南シナ海の島に兵員や物資輸送 軍事力強化

各国の領有権主張が対立する南シナ海

各国の領有権主張が対立する南シナ海

香港(CNN) フィリピン国軍当局者は13日までに、同国が領有権を主張する南シナ海スプラトリー(南沙)諸島のパグアサ島への兵員や物資の輸送、関連施設の強化や改修工事を開始したことを明らかにした。

国営フィリピン通信(PNA)が複数の軍幹部の情報として伝えた。ドゥテルテ比大統領は先月、国軍に対し南シナ海で主権を保持する全ての島の占有を命じていた。

ドゥテルテ氏は大統領就任後、南シナ海の軍事拠点化を進める中国との融和路線に傾斜しているが、今回のパガサ島の軍事力増強に対する中国の反応は明らかになっていない。同大統領は13日、中国が推進する「シルクロード経済圏構想(一帯一路)」の首脳会議に出席するため北京を訪れる。

ドゥテルテ氏は先月、同国独立記念日の6月12日にパグアサ島に国旗を掲揚すると宣言していた。フィリピンは同島を長年支配し、カラヤン島の行政管轄下にある。少数の民間人も住んでいるが、全域はほぼ軍の支配下にある。

フィリピン軍西部方面司令部の司令官によると、兵員や補給物資の輸送は先週実施。PNAによると、本格的な工事着工は全ての資材が到着後になる予定。滑走路拡張、港湾や発電施設の整備、民間の調査事業などが含まれる。

パグアサ島はスプラトリー諸島の中で自然発生的に形成された大規模な島の1つとされる。中国大陸の南端からは約1000キロ離れ、フィリピンのパラワン州からは300キロ内の距離にある。

フィリピンはドゥテルテ大統領の就任前、スプラトリー諸島の主権論争で中国と鋭く対立。常設仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)は昨年7月、中国の権利主張をほぼ全面否定する判断を示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]