世界で「最も深い」穴、南シナ海で発見

世界で「最も深い」穴を見る

(CNN) 中国海南省三沙市の研究機関の科学者らは30日までに、南シナ海のパラセル(西沙)諸島沖にある海底の穴(シンクホール)が世界で最も深いことがわかったと明らかにした。中国中央テレビ(CCTV)が伝えた。

科学者らは海中探査ロボットを使って穴の規模を測定した。1年間をかけた調査の結果、穴の深さは300メートルに及ぶことがわかったという。

穴の上層には20種類以上の魚が見つかったが、深さ100メートルを超えると酸素がほとんどないため、生物がいる可能性は少ないという。

こうした穴は「ブルーホール」と呼ばれ、海面から見える水中の大きな陥没穴や洞窟を指す。これまで世界最深とされてきたブルーホールはカリブ海の島国バハマにあり、深さは約200メートルだった。

今回調査されたブルーホールは地元住民から南シナ海の「目」や「竜の穴」と呼ばれており、パラセル諸島のサンゴ礁の中にある。三沙市当局は穴の保護と研究を進めるための措置を策定したとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]