米駆逐艦、イラン船に警告の照明弾 ペルシャ湾で接近行為

イラン軍の艦船の接近を受け、米駆逐艦が照明弾を発射

イラン軍の艦船の接近を受け、米駆逐艦が照明弾を発射

(CNN) 米国防総省当局者などは27日までに、中東ペルシャ湾で作戦遂行中の米海軍駆逐艦マハンに対しイランの革命防衛隊の船舶が挑発的かつ職業軍人の規範に背く接近行為を仕掛けたため照明弾を撃つ措置を強いられたと報告した。

革命防衛隊の船舶の兵器には人員が配置され、マハンには約1000ヤード(約914メートル)の距離まで近付いたとしている。

マハンは船舶と交信を試みたが、反応はなかった。この後、照明弾を発射したが、革命防衛隊の船舶は針路を変えなかったためマハンは舵(かじ)を切る対応を迫られたという。ただ、同駆逐艦は警告のための発砲には踏み切らなかったとしている。

ペルシャ湾では過去にも米海軍とイラン海軍の艦船が対峙(たいじ)する事態が発生していた。米国防総省によると、マハンは今年1月、900ヤード前後まで近付いたイランの船舶に警告するための発砲を行っていた。

同省報道官によると、昨年中に発生したイラン船舶によるこの種の危険な行動は35件を記録し、大半は上半期に起きていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]