世界初「船のトンネル」、ノルウェーが350億円投じ建設へ

2017.04.07 Fri posted at 18:11 JST

[PR]

(CNN) 北欧のノルウェーは、硬い岩盤でできた国土を掘削して世界で初めてとなる船のためのトンネルを建設する。同国の海岸管理当局が7日までに明らかにした。

トンネルは長さ1.7キロ、幅36メートルで、同国西部に位置する半島の最も狭い箇所を貫通する。完成により貨物船や客船は、強風と高波、複雑な地形に悩まされる従来のルートを回避して航続距離を短縮することが可能になる。

トンネルの建設には3~4年の工期と3億1500万ドル(約350億円)のコストがかかるとみられている。掘削の過程で火薬によって吹き飛ばす岩石の総重量は800万トンに達するという。

完成すれば、客船や貨物船といった大型船が硬い岩盤からなる地形を通過する、世界で初めてのトンネルとなる。

トンネル内は、1時間に最大5隻の船が航行できる見通し。2隻の船がトンネル内で鉢合わせすることのないよう、信号灯も設置される。

トンネルは2023年に開業予定だ。

メールマガジン

[PR]