米国からカナダへ、難民が決死の越境 トランプ政権を不安視

2017.02.17 Fri posted at 17:26 JST

[PR]

カナダ南部マニトバ州エマーソン(CNN) 米中西部から国境を越えたカナダの町、エマーソンには最近、かつてないほど多くの難民が押し寄せている。トランプ米政権の強硬な難民政策から逃れてたどり着いた人々だ。

フセイン・アフメドさん(34)、モハメド・ホサイン(28)さんら5人はソマリア人のグループ。メキシコ経由で米国へ入って保護を求めたが、昨年の大統領選でトランプ氏が難民への強硬策を唱えるのを聞き、不安を募らせていた。

大統領に就任したトランプ氏は先月末、ソマリアを含む7カ国からの渡航者らの入国を禁止する大統領令を発表した。追い詰められたアフメドさんたちは、カナダへ逃れることを決めた。

案内人に1人300ドル(約3万4000円)ずつ支払い、ノースダコタとミネソタの州境まで車に乗せてもらった。10日の夜8時、カナダ国境にできるだけ近い場所で車を降り、遠くに見える米国の国境管理事務所を避けて歩き始めた。

徒歩30分のはずが道に迷い、腰まで積もった雪の中を1日中歩き続けた。母国では雪を見たことさえない。死を覚悟した瞬間もあったという。

それでもついにカナダ国境の明かりを越えて、緊急通報の電話をかけ、駆け付けたカナダの警官に保護を求めた。

メールマガジン

[PR]