米国からカナダへ、難民が決死の越境 トランプ政権を不安視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メキシコ経由で米国入りした後、カナダへの越境を果たしたソマリア人のグループ

メキシコ経由で米国入りした後、カナダへの越境を果たしたソマリア人のグループ

長い道のりをたどり、高い金を支払い、恐怖と闘った越境の旅。だがそのかいはあったと、5人は口をそろえる。ソマリアでのアフメドさんはイスラム過激派「シャバブ」から殺害予告を受けていた。ホサインさんは少数民族という理由で差別され、家族が脅されたり、殺されたりしたという。アフメドさんは幼い子どもたちを、ホサインさんは母を故郷に残してきた。

あのまま米国にとどまっていたら、送還されたに違いない。アフメドさんはそう振り返る。

エマーソンの町には先週末だけで、アフメドさんたちのような難民が25人もやって来た。地元当局者によると、この1カ月半では計69人に上っている。

町のあちこちに難民の姿を見かけるようになった。10人規模のグループや、乳児を抱えた家族連れもやって来る。電話を持たないグループが夜中の2時、3時に民家のドアをノックし始める。町の住民は、これまでかけたことのなかったドアの鍵をかけるようになった。

春になればさらに多くの難民が押し寄せてくるだろう。その全員について、しっかりとした身元調査ができるのか。住民の表情に不安がよぎる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]