北朝鮮、国家安全保衛相を解任 金委員長の側近

2017.02.05 Sun posted at 15:15 JST

[PR]

(CNN) 韓国統一省は5日までに、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長が側近の1人である金元弘(キムウォノン)・国家安全保衛相を解任したことを明らかにした。

元弘氏は政治犯らの強制収容所、国内のスパイ摘発、海外での防諜(ぼうちょう)工作活動を仕切っていた。韓国統一省の報道担当者は、今回の解任の背後には国家安全保衛省での尋問に伴って起きた人権侵害などがあると述べた。

元弘氏は、米財務省が今年1月11日に人権侵害を理由に経済制裁の対象にした北朝鮮当局者7人のうちの1人。韓国統一省によると、解任は同日前後に起きた。

米財務省は制裁発表の際、元弘氏は強制収容所内での殴打、強制的な飢餓、性的暴行、強制的な中絶や幼児殺害などの残虐行為の指示や管理の責任者との声明を出していた。

北朝鮮当局は強制収容所の存在を公式には否定しているが、多くの人権擁護団体は生存者の証言や衛星画像を根拠に実在を主張。国連は昨年11月、最多で12万人の男性、女性や子どもが収容されているとの報告書を発表。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは同月、収容所は政治的弾圧や社会統制を図る大規模施設の中心となっており、施設維持などへの資金投入も続けられていると報告していた。

メールマガジン

[PR]