ブラジル政界汚職捜査の最高裁判事が死亡、小型機墜落 

汚職捜査を進めていたテオリ・サバスキ最高裁判事が墜落事故で死亡

汚職捜査を進めていたテオリ・サバスキ最高裁判事が墜落事故で死亡

(CNN) ブラジル・リオデジャネイロ州の消防当局者は21日までに、同州パラチ町近くの沖合に小型飛行機が墜落し、搭乗していた最高裁判所判事ら計3人が死亡し、遺体が収容されたと発表した。

死亡した判事はテオリ・サバスキ氏(68)で、同国政界を揺るがし続けている国営石油公社ペトロブラスなどの大企業が絡む大型汚職事件の捜査を仕切っていた。公正中立との評価があった同氏の死去で、関連捜査の今後の進め方に支障が出るとの懸念も生まれている。

同判事搭乗の小型機は現地時間の19日午後1時ごろ、サンパウロの空港を離陸。1時間もたたないうちに墜落したという。ブラジル空軍によると、墜落機は同国ホテル産業の大立者が所有している。

サバスキ判事の子息がフェイスブック上で父親の死去を確認した。墜落原因は伝えられていない。他の2遺体の身元はわかっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]