メルケル独首相、顔覆うベールの全面禁止求める

2016.12.07 Wed posted at 09:52 JST

[PR]

(CNN) ドイツのメルケル首相は6日、イスラム教徒の女性が顔や体の全体を隠すベールについて、着用を全面的に禁止するべきだと述べた。

メルケル氏は与党・キリスト教民主同盟(CDU)の会合で「全てを覆うベールは我が国に合わない」「法的に可能な全ての場所で禁止するべきだ」と語り、聴衆は長い拍手でこれに応えた。

同国ではデメジエール内相も今年8月、公共の場での顔を覆うベールの着用を禁止する方針を表明していた。

メルケル氏は来年の総選挙で首相4期目を目指すと表明している。しかし中東の紛争地域などからの難民、移民に門戸を開いた政策が批判を浴び、地方選挙でCDUの敗北が相次ぐ現状の下、厳しい選挙戦になることが予想される。

顔全体や全身を覆うベールについてはフランス、ベルギー、スイスでも同様の措置を講じる動きが相次いでいる。

メールマガジン

[PR]