先進国のテロ犠牲者、前年比650%の増加 世界テロ指数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2105年にはパリ同時多発テロも起きた

2105年にはパリ同時多発テロも起きた

ロンドン(CNN) 豪シンクタンク、経済平和研究所(IEP)は17日までに、2016年版の「世界テロ指数(GTI)」を発表し、昨年1年間に世界で報告されたテロによる死者は前年から10%減少したものの、先進諸国での死者数は650%の増加を記録したと明らかにした。

昨年テロで死亡した人は世界で2万9376人。米国、英国、ドイツ、フランス、トルコなど経済協力開発機構(OECD)に加盟する先進国での死者は731人と、14年から大幅に増加した。トルコとフランスでの犠牲者が大半を占めた。OECDの34カ国中、21カ国で少なくとも1件のテロが発生した。

130人の死者が出たパリ同時多発テロの現場のひとつ、バタクラン劇場は、テロからほぼ1年が過ぎた12日に営業を再開している。

昨年1年間で特に大きなテロ被害を受けたのはイラク、ナイジェリア、アフガニスタン、シリア、パキスタン。この5カ国で死者の72%を占めた。

イラクとナイジェリアでは過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」や「ボコ・ハラム」に対する軍事作戦が功を奏し、犠牲者の数が減少した。だが一方で、ISISとボコ・ハラムは近隣の国や地域に勢力を広げている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]