タイ国王の入院続く、国民が回復祈る 皇太子も首都へ戻る

病院の外で国王の回復を祈る女性

病院の外で国王の回復を祈る女性

バンコク(CNN) タイのプミポン国王(88)の不安定な健康状態が続くなか、ワチラロンコン皇太子は12日、首都バンコクに戻った。タイ王室が明らかにした。皇太子は国王の入院するシリラート病院に向かったが、国王を見舞ったかどうかは明らかにされていない。

そんな中、多くのタイ国民が国王の写真を手に各地の寺院やシリラート病院の周囲に集まり、早い回復を祈っている。ほとんどの人が健康回復の色と信じられているピンク色や、国王のシンボルカラーである黄色の服を着ていた。

プミポン国王は70年前に即位し、世界では現在、在位期間の最も長い君主だ。先週末に新たな医療措置を受け、医師団は慎重に経過を観察している。

国王の病状への懸念が高まる中、政府の報道官は国民に対し、今後の推移については「ソーシャルメディアにおける裏付けのない情報」を信じるのではなく「公式発表を待つ」よう呼びかけた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]