シンガポールへロケット弾攻撃計画、インドネシアで6人逮捕

ソーシャルメディア上での6人の交信情報の入手が捜査開始の端緒となり、居場所などを突き止めていた。国家警察の報道担当者によると、シリア内にいるとみられるインドネシア人のバハルン・ナイムという人物が6人にシンガポールへの攻撃を指示。また、この人物はインドネシア内での過激派やテロ攻撃支援のためにシリアから資金を送金していたとも見ている。

今回の逮捕者の中には、カティバ・ギギ・ラフマトの指導者とされるギギ・ラフマト・デワ容疑者も含まれる。

シンガポールのK・シャンムガム内相兼法相は、シンガポール国外で謀られる同国へのテロ攻撃の脅威を真剣に受け止めていると指摘。内務省は声明で、同国内や国境周辺での警察や治安機関による警備態勢を強化したとし、国民に対し警戒を怠らないよう呼び掛けた。

シンガポールの警察当局は今年5月、バングラデシュ内でのテロ攻撃を画策した容疑でバングラデシュ人8人を逮捕してもいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]