自撮りしようとして国王の銅像破壊、男の訴追も ポルトガル

セバスティアン国王の銅像がバラバラに=TVI Portugal

セバスティアン国王の銅像がバラバラに=TVI Portugal

ポルトガル・リスボン(CNN) ポルトガルの首都リスボンで、126年前に建造された国王の銅像にカメラを持った男がよじ上ろうとして破壊してしまう出来事があった。同国の歴史文化遺産管理当局は、国の歴史遺産が破壊された事件として立件する方針を明らかにした。

破壊されたのはリスボン市内のロシオ駅にあるセバスティアン国王の銅像。地元警察によると、3日に24歳の男が自撮りをしようとカメラを手に銅像によじ上ろうとしたため、重さで銅像が倒れて粉々になった。現場から逃げようとした男は警察に取り押さえられた。

歴史文化遺産管理当局は、破壊された銅像を修復するか、元の場所に新しい銅像を建造することを検討している。

1890年に開業したロシオ駅は、欧州の駅の中でも特に歴史的重要性が高く、旅行誌で世界の美しい駅14選に選ばれたこともある。

セバスティアン国王(在位1557~78年)はポルトガルの歴史に登場する伝説的な存在で、24歳で戦死し、間もなくポルトガルはスペインに併合された。

ポルトガルには、セバスティアン国王がいつか朝霧の中から白馬に乗ってよみがえるという言い伝えがある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]