ISIS「首都」のラッカ、変わり果てた街を隠しカメラで撮影

シリア人女性2人がカメラを隠し持って撮影を行った

シリア人女性2人がカメラを隠し持って撮影を行った

エクスプレッセンTVによると、ビデオが撮影されたのは冬の終わり。かつてイスラム教神秘主義の教団スーフィーとシーア派の聖地とされたウワイス・カルニー廟(びょう)もがれきと化していた。

アルメニア殉教者教会の前を通りながら、一方の女性が「ISISはこの建物をイスラム警察本部にした」と説明する。

女性たちは、若い男性が斬首される場面などを目撃したこともあると語った。「銃殺して首を切り、頭部を棒に刺して交差点にさらしたり、道路に遺体を放置して跡形もなくなるまで車にひかせたりする」と、ISISの残虐さを指摘する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]