トルコ、「ロシア軍機が領空侵犯」と主張 大使に抗議

トルコ外務省はロシア軍機がシリアからトルコ領空に侵入したと非難

トルコ外務省はロシア軍機がシリアからトルコ領空に侵入したと非難

(CNN) トルコ外務省は30日、ロシア軍機による領空侵犯があったとして駐アンカラの同国大使に抗議した。

外務省の声明によると、ロシアのスホイ34爆撃機が29日、シリアからトルコ領空へ入った。トルコのレーダー部隊は事前に英語とロシア語で警告を発していたという。声明は、領空侵犯が「重大な結果」を招く恐れもあると指摘している。

ロシア国防省はこれを「根拠のない宣伝工作」と呼び、シリアに展開しているロシア軍機がトルコ領空に侵入した事実はないと主張。航空機の国籍を確認するには直接目視するしかないが、実際には確認されなかったとの見方を示した。

トルコ軍は昨年11月、数回の警告を無視して領空へ侵入したとされるロシア軍機を撃墜した。これに対してロシア側は、トルコからの警告はなく同機はシリア上空を飛んでいたとして、トルコに経済制裁を科した。

北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は30日、事態の沈静化を呼び掛けるとともに、ロシアに対して「責任ある行動とNATO領空の全面的な尊重」を求めた。

ロシア国営RIAノーボスチ通信によると、ロシア大使館の報道官はトルコ当局との会談があったことを認める一方、具体的な内容への言及を避けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]