ISISによる処刑者総数は3895人、「国」樹立宣言後

ISISのバグダディ最高指導者

ISISのバグダディ最高指導者

(CNN) シリアの反体制派「シリア人権監視団」は30日までに、過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」がカリフ制国家の樹立を2014年6月に宣言して以降、シリア内でこれまで計3895人を処刑し、うち半数以上は民間人とする報道機関向け声明を発表した。

殺害された民間人2114人には子ども78人と女性116人が含まれる。処刑の方法は銃殺、斬首、石投げ、高い建物からの突き落としや放火などとなっている。

この他の処刑の対象者はシリア軍の兵士、アサド政権支持の民兵組織の構成員やアルカイダ系組織の戦闘員らとなっている。

CNNはこれらの情報の真偽を確認していない。英ロンドンに拠点を持つシリア人権監視団は公式サイトで自らの組織について、政治団体や国家とはいかなる関係もない非営利機関としている。

同監視団によると、ISISは組織構成員だった計422人も抹殺している。逃亡、外国のためのスパイ活動の他、イスラム教の人物を神格視するなどの「過激主義」の罪が理由としている。

また、イスラム教唯一の神であるアラーをのろうなどの背教行為、不倫、アルカイダ系過激派「ヌスラ戦線」との接触や同性愛などの理由で処刑された例もある。ある女性は夫から逃亡したため殺されたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]