仏、ISIS「首都」を大規模空爆 指令本部や訓練施設標的

フランスがISISの「首都」を爆撃=仏国防省

フランスがISISの「首都」を爆撃=仏国防省

(CNN) フランス軍は15日、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が「首都」と称するシリア北部の都市ラッカで、同組織の拠点を狙った「大規模な爆撃」を実施した。

仏国防相の報道担当者によると、標的となったのはISISの指令本部や勧誘拠点、訓練施設など。戦闘機10機を含む12機が計20発の爆弾を投下し、すべての標的を破壊したという。

ISISは、パリで13日夜に起きた同時多発テロの犯行声明を出した。オランド仏大統領は犯行を「戦争行為」と呼んで非難している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]