パリ同時テロ、実行犯1人の身元特定 さらに拘束者も

襲撃を受けたの飲食店の一つ。120人を超える犠牲者が出た

襲撃を受けたの飲食店の一つ。120人を超える犠牲者が出た

パリ(CNN) パリ同時多発テロの実行犯グループのうち、1人の身元が14日までに特定された。

仏中部シャルトルの市長を務める政治家のジャンピエール・ジョルジュ氏がフェイスブック上で明らかにしたところによると、自爆犯の1人はイスマエル・オマル・モステファイ容疑者という人物で、少なくとも2012年まで同市に住んでいたことが分かった。

またCNN系列局は同日、当局が実行犯1人の父親と兄弟1人を拘束したと伝えた。仏AFP通信によれば、父親と兄弟はパリから東へ約130キロ離れた地区にある自宅で、家宅捜索に入った警官に拘束された。

隣国ベルギーでも複数の容疑者が逮捕されている。両国の情報機関と接触している情報筋によると、首都ブリュッセル郊外で行われた3件の家宅捜索のうち、少なくとも1件はパリの同時テロに関連していた。同情報筋によれば、実行犯の一部はもともとベルギー情報当局が注視していた人物だったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]