9歳少女が78歳男性と結婚、禁じられても残る「伝統」 ケニア

「ママ・クレア」ことジョセフィン・クレアさん

「ママ・クレア」ことジョセフィン・クレアさん

当時この施設には、同じような境遇から助け出された少女がほかに8人いた。同施設を運営するジョセフィン・クレアさんは、ケニア全土で家族に拒まれた200人あまりの少女たちから「ママ・クレア」と呼ばれ、母代わりになっている。

自身もユーニスさんと同じサンブル族の出身。他地域の全寮制学校に通って看護学を学ぶうちに、サンブル族の文化や伝統に疑問を持つようになったという。

救出活動を始めたのは2011年、最初に助けたのは自分のいとこ2人だった。「1人は10歳で結婚させられそうになっていた。幼い時に結婚させられた少女には性器切除が行われる。いとこが結婚させられると聞いたので、その子を助けて学校に連れて来た」

ところが2日後に電話で、7歳の妹が代わりに結婚させられることになったと知らされる。クレアさんは妹も救出し、少女のおじは逮捕された。ケニアではこの年に、幼い子どもの結婚や性器切除を禁止する法律が制定されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]