メッカ巡礼事故、死者769人に イランが謝罪求める

イランの最高指導者ハメネイ師が、メッカ巡礼での事故を受けて発言

イランの最高指導者ハメネイ師が、メッカ巡礼での事故を受けて発言

(CNN) サウジアラビア西部のメッカ郊外にあるイスラム教の聖地ミナで巡礼者ら1700人以上が折り重なるなどして死傷した事故で、イランの最高指導者ハメネイ師は27日、サウジアラビアに対し、重大事故の責任を受け入れて、世界のイスラム教徒や遺族らに謝罪すべきだとの考えを示した。イラン国営プレスTVが伝えた。

国営サウジ通信(SPA)によれば、24日に発生した事故で、少なくとも769人が死亡したほか、934人以上が負傷した。

サウジ当局は事故の原因について調査を進めている。事故の原因としては、石を投げる儀式を行おうと人々が殺到したことや、高い気温、群衆が別の群衆を逆の方向に押し込もうとしたことなどがあがっている。

死亡した769人の出身国は10カ国以上に上っている。そのうちの少なくとも155人がイラン人だった。そのほか、インドネシアやインド、エジプト、パキスタン、カメルーン、ソマリア、アルジェリア、セネガル、ケニアなどから訪れた巡礼者も死亡している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]