ロシアのシリア介入は「うまくいかない」 米国連大使が批判

CNNのインタビューに答えるサマンサ・パワー国連大使

CNNのインタビューに答えるサマンサ・パワー国連大使

(CNN) 米国のサマンサ・パワー国連大使は14日、CNNとのインタビューで、ロシアがシリアのアサド政権への支援を強化していると批判し、「勝利につながる戦略ではない」との見方を示した。

シリアでは近年、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が勢力を拡大し、アサド政権と国際社会がISISという共通の敵に直面する構図となっている。しかしパワー氏は、「自国民を毒ガスやたる爆弾で攻撃し、デモに参加したり権利を主張したりしたというだけの理由で市民を逮捕、拷問するような政権」に肩入れしても「うまくいくはずがない」と断言した。

ロシアの対シリア介入をめぐっては、オバマ米大統領が11日、「アサド大統領は心配のあまりロシアから顧問や装備を呼び込んでいる」と指摘。14日付のロイター通信も、ロシア軍がシリアの飛行場に数台の戦車を展開し始めたと伝えた。

パワー氏は「目的のためには手段を選ばないというマキャベリズムを採り、ISISへの対応だけに集中するとしても、シリア国民の意思に反してアサド政権を支援するという戦略によって平和をもたらすことはできない。ロシアのプーチン大統領はテロ掃討が優先だと主張するが、その目的を果たすこともできないだろう」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]