砂漠観光は危険と隣り合わせ、政情不安で衝突増加 エジプト

人気観光地も危険と隣り合わせだという

人気観光地も危険と隣り合わせだという

(CNN) エジプトの西部砂漠で外国人観光客の一行がテロリストと間違えられて治安部隊に襲撃され、22人の死傷者が出た事件で、人気観光地の周辺で武装勢力が台頭している実態も浮き彫りになった。

エジプトの西部砂漠にある「グレートサンドシー」は、世界で3番目に広大な砂丘地帯として知られ、砂漠サファリを楽しむツアーが人気を集めている。

しかし同地はリビアと国境を接する地帯にあり、リビアのカダフィ政権が2011年に崩壊して以降、武装勢力が台頭。国境を越えて武器や麻薬などが輸送されるようになった。

さらに、エジプト軍が13年に事実上のクーデターでムスリム同胞団出身のムルシ元大統領を失脚させた後は、イスラム武装勢力によるエジプト軍への攻撃が激化した。

14年には人気観光地でもある西部砂漠のオアシスの町ファラフラで、警備拠点が襲撃される事件が発生。これを受けてエジプト軍は、リビアとの国境付近で武装勢力を標的とする掃討作戦を展開していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]