サウジ最高裁、ブロガーへの1000回むち打ち刑を支持

サウジ最高裁、ブロガーへの1000回むち打ち刑を支持

(CNN) サウジアラビアでイスラム教を侮辱したとされる活動家が有罪判決を受けた裁判で、同国の最高裁は8日までに、禁錮10年とむち打ち1000回の刑を支持する判断を下した。

ライフ・バダウィ被告は、インターネット上に意見交換サイトを開設して世俗主義を主張。これがサイバー犯罪などに当たるとして有罪を言い渡され、2012年から収監されている。

最高裁が上訴を棄却したとの報道を受けて、バダウィ被告の親族が8日最高裁へ出向き、下級審の判決が支持されたことを確認した。

同氏へのむち打ち刑は今年1月に最初の50回が公開され、その後19週に分けて執行される予定だった。

しかし国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(AI)によると、初回から8日が過ぎた時点で約8人の医師団が診察したところ、同氏の傷は十分に回復していないことが判明。むち打ちを繰り返した場合は健康状態に深刻な影響が出る恐れがあるとの見解を受け、執行が中止されていた。

国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチは、初回のむち打ちを「醜悪な不寛容の表れだ」と厳しく非難。AIの中東担当幹部もバダウィ被告の即時釈放を求めた。

同氏の妻はAIのウェブサイトを通して「夫は刑に屈しない姿勢を示すために痛みをこらえたと話している。しかし健康状態は悪く、これ以上のむち打ちに耐えるのは無理だ」と訴え、刑の取り消しを要請した。

米政府の当局者らもサウジ当局に対し、刑を撤回して審理を見直すよう求めていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]