カストロ前議長が公の場に、外国訪問団と交流 キューバ

カストロ前議長の写真が公開

ハバナ(CNN) キューバの共産党青年同盟機関紙「フベントゥ・レベルデ」は4日、フィデル・カストロ前国家評議会議長(88)が公の場に元気な姿を見せたと報じた。

同氏は2006年に腸の手術を受けて実弟のラウル氏に実権を譲った後、公の場にあまり登場せず、前回から1年以上が経過していた。

同紙はフィデル氏が「活力あふれる」様子だったと伝え、バスの窓から手を差し出す人々と握手する写真を掲載した。

同紙によればフィデル氏は3月30日、ハバナ市内の学校を訪問した際に友好国ベネズエラの訪問団と遭遇。33人のメンバーひとりひとりと言葉を交わし、国際情勢などについて語り合った。オバマ米大統領が最近、ベネズエラへの経済制裁を強化した問題にも言及し、撤回を求める署名運動の継続を呼び掛けた。

フィデル氏登場を最初に報道したベネズエラの放送局、ラジオ・デル・スルによると、同氏は訪問団と約30分にわたって面会し、首都ハバナの自宅で栽培している薬草「モリンガ」の話もしていたという。

訪問団のメンバーは同局とのインタビューで「フィデル氏は心身ともに元気。目にも輝きがあった」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]