牛の「顔写真」提供を要請、殺害防止で インド西部の都市

(CNN) インド西部マハラシュトラ州のマレガオン市当局は4日までに、牛を飼う住民に対し牛の「顔写真」を撮影して、地元警察に届けることを要請した。

同州政府が最近施行した、州内で牛の売買や牛肉の消費を禁じる新たな法律を受けた措置。同州では、牛を神聖視するヒンドゥー教徒が最大の宗派となっている。

マレガオン市の今回の措置は、市内で最近、牛を殺し肉を販売した男2人が逮捕された事件を踏まえたものともなっている。同市は飼育者に対し牛の体の色、年齢、尾の長さや他の特徴などの情報も求めた。顔写真などの提供は市内での牛の殺害を防ぎ、新たな法律の円滑な運用を図るための唯一の方法と主張している。

同市の警察幹部はCNNの取材に、顔写真提供などを受けてデータベースを構築すると表明。牛が殺されたとの情報を得た場合、関係者の居住先などに出向き情報の真偽を見極めることに役立つと指摘した。

牛の写真を提供した市民はこれまで100人を超えた。写真撮影を望む新たな住民も警察署周辺で列を作っているという。

マハラシュトラ州の新たな法律は雄牛や去勢牛の殺害禁止も盛り込んでいる。肉の消費や販売を行った者は禁錮5年の罰則を受ける。ただ、水牛を殺すことは認められている。

同州内の牛関連業者などは今回の新法に反発、1カ月にわたるストも打ち出した。これら業者は水牛を殺すことも拒否し、牛の仲間の肉は全て州内から根絶することを目指していた。州の高等裁判所へ控訴する構えも見せている。

牛の殺害禁止を命じる法律はマハラシュトラ州だけでなく、ハリヤナ州でも施行されている。同州では違反者に対し最大で禁錮10年の判決も想定している。この種の量刑ではインドで最も重い罰則となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]