駐韓米大使が刃物で襲われ負傷 ソウル

駐韓米大使が刃物で襲われ負傷 ソウル

(CNN) マーク・リッパート駐韓米国大使が5日朝、ソウルで刃物を持った男に襲撃され、負傷した。米国務省によれば、命に別条はないという。

ソウル警察によれば、事件が起きたのは5日早朝。襲撃にはかみそりの刃が使われ、大使は右のほおと手にけがをした。

韓国テレビ局YTNによれば、容疑者は逮捕され、取り調べを受けている。聯合ニュースは、容疑者は55歳の男で、今週開始された米韓合同軍事演習への反対を口にしているとの当局者の話を伝えた。

YTNによれば、リッパート大使はソウルにある施設「世宗文化会館」での朝食会でスピーチをする直前だった。事件の詳細は不明だが、叫び声が聞こえたのち、血を流した大使が病院に運ばれたという。

米国家安全保障会議(NSC)のミーハン報道官は、オバマ大統領が大使に見舞いの電話をかけ、「できるだけ早い回復を祈る」と伝えたと述べた。

リッパート大使はオバマ大統領が上院議員だった時代からの側近。昨年、駐韓大使に任命された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]