子どものポリオ予防接種を拒否、500人以上の親逮捕 パキスタン

2015.03.04 Wed posted at 18:01 JST

[PR]

イスラマバード(CNN) パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州の警察は2日、州都ペシャワル周辺で、子どもにポリオ(小児まひ)の予防接種を受けさせなかった親513人を逮捕した。

警察幹部によると、親たちは子どもにワクチン接種を受けさせるとの宣誓書に署名すれば、保釈が認められる。

ポリオは予防接種の普及により、世界のほとんどの地域でほぼ根絶された。しかしパキスタンは紛争による避難民が多いことや、予防接種への不信感が根強く医療チームへの襲撃も相次いでいることから、接種率が低迷している。

世界ポリオ根絶のためのイニシアティブ(GPEI)によると、昨年1年間に世界で最も多いポリオ患者が報告されたのは同国の327人、2位はナイジェリアの36人だった。今年に入ってポリオの診断を受けた10人のうち、9人が同国の患者だ。

カイバル・パクトゥンクワ州当局は州内の子ども270万人への接種を目指し、2週間前からキャンペーンを開始したが、親が拒否した例は1万3000件に上っているという。

メールマガジン

[PR]