ヨルダン「死刑囚釈放の用意」 日没までの釈放要求の新投稿も

ヨルダン「死刑囚釈放の用意」

(CNN) フリージャーナリストの後藤健二さん(47)を拘束しているイスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が引き換えにサジダ・リシャウィ死刑囚の釈放を要求している問題で、ヨルダン政府は要求に応じて死刑囚を引き渡す用意があると表明した。

また、後藤さんを名乗る人物による新たなメッセージがインターネット上に投稿された。ヨルダン政府がイラク人のリシャウィ死刑囚をイラク・モスル時間29日日没(日本時間同日深夜)までにトルコ国境に連れてこなければ、先月ISISに拘束されたヨルダン軍のパイロット、モアズ・カサスベさんが「直ちに」殺害されるとの内容で、ISISの支持者により投稿された。CNNはこのメッセージの信ぴょう性を確認できていない。

ヨルダンのジュデ外相は28日、CNNの取材に対し、カサスベさんをISISが解放すれば、リシャウィ死刑囚を釈放すると語った。

政府の発表では後藤さんについては言及していない。しかしジュデ外相は、後藤さんも「もちろん」人質交換の対象になると言明。ただしカサスベさんの解放を優先するとした。

ISISの指定した24時間の期限は既に過ぎている。ISISがヨルダン政府の申し入れを受け入れるかどうかは不明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]