英軍、アフガニスタンでの戦闘任務を終了

英軍がアフガニスタンでの戦闘任務を終了した

英軍がアフガニスタンでの戦闘任務を終了した

(CNN) アフガニスタン駐留英軍は26日、同国での戦闘任務を正式に終了した。最後まで残っていたヘルマンド州のバスティオン基地は英国旗が降ろされ、アフガン国軍に引き渡された。

キャメロン首相は「私は2015年までに軍をアフガニスタンから撤収させると約束した。同国における戦闘任務は本日で終わる」とツイッターで発表した。

バスティオン基地で開かれた式典には米軍も参加した。

英軍は13年間にわたってアフガンでの任務を続け、2006年にはヘルマンド州に拠点を移して米軍などと共同で武装勢力の掃討作戦を展開してきた。アフガンでの任務で死亡した英兵は453人に上る。

基地の運営はアフガン国軍が引き継ぎ、米軍も引き続き支援する。国防省によれば、2013年6月以来、治安任務の99%は国軍が主導しているという。

一方、首都カブールではこの日も米大使館のある地域にロケット弾2発が着弾。国際治安支援部隊(ISAF)の拠点近くにもロケット弾2発が着弾した。いずれも死傷者は出ていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]