数学のノーベル賞、女性が初受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マリアム・ミルザハニ氏

マリアム・ミルザハニ氏

(CNN) 「数学のノーベル賞」と呼ばれるフィールズ賞の受賞者に、史上初めて女性のマリアム・ミルザハニ米スタンフォード大学教授が選ばれ、13日に韓国のソウルで国際数学連合(IMU)から表彰された。

フィールズ賞は1936年の創設以来、過去の受賞者は52人全員が男性だった。ミルザハニ氏はスタンフォード大学を通じ、「若い女性科学者や数学者の励みになってくれればうれしい」とのコメントを発表した。

ミルザハニ氏は、幾何学の分野で無秩序と考えられていた領域に予想外の秩序を導く貢献をしたとして評価された。同氏はこの研究について、「ジャングルの中で道に迷い、集められる知識を総動員して新しい方法を探そうとするようなもの。運が良ければ出口を見つけられることもある」と表現している。

ミルザハニ氏はイランの出身。首都テヘランで育ち、高校生のころから数学が得意だった。10代の時に国際数学オリンピックで2度の金メダルを受賞し、このうち1回は満点を獲得している。

シャリフ工科大学を卒業後に米ハーバード大学に進学、プリンストン大学准教授を経てスタンフォード大学教授となった。

フィールズ賞は4年に1度贈られる。今回は4人が受賞し、ミルザハニ氏を除く3人はすべて男性だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]