犬肉食の合理性を考える

かごに入った犬

かごに入った犬

動物愛護団体によれば、米国は年間120万匹の犬を安楽死させている。その肉を食べることに、それほどの違いはあるだろうか。

作家のジョナサン・サフラン・フェール氏は、動物食についての著書の中でこう指摘する。「毎年何百万ポンドもの肉が廃棄されている。安楽死させた犬を単純に廃棄するのは環境的にも経済的にも大きな問題だ。野良犬や迷い犬、あまり可愛くなくて引き取り手がなかった犬や、しつけが悪くて飼えなくなった犬を食べるのは、一石二鳥になる」

ちょっと待ってほしい、犬は友達だ。だが豚は(大抵の場合)友達ではない。

だがそれは米国の話だ。

ベトナムにはそれが当てはまらない地域もある。

インドに行けば牛は神聖な生き物だ。

そしてイスラム教徒とユダヤ教徒の多くは豚を食べない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]