直前に交代の乗員、エイズの専門家も マレーシア機搭乗者

犠牲者を悼み花を手向ける女性。墜落によって300人近い人々の人生が失われた

犠牲者を悼み花を手向ける女性。墜落によって300人近い人々の人生が失われた

(CNN) エイズ研究に情熱を注いでいた専門家やスポーツ選手、夏休みの旅行を楽しみにしていた一家――。マレーシア航空機17便の墜落は、そんな乗客や乗員の夢や希望を一瞬にして奪った。インターネットには、家族や友人を失った人たちの追悼の言葉があふれている。

オランダのアムステルダムからマレーシアのクアラルンプールに向かっていた同機には、乗客乗員298人が搭乗していた。19日までに判明した国籍の内訳は、オランダ人が193人と最も多かった。

43人のマレーシア人の中には乗員15人と乳幼児2人が含まれる。さらにオーストラリア人27人、インドネシア人12人、英国人10人、ドイツ人4人、ベルギー人4人、フィリピン人3人、カナダ人1人、ニュージーランド人1人が搭乗していた。

男性客室乗務員のサンデュさんは、早く帰宅したいと直前になって勤務を交代し、同機に搭乗していた。

妻のタンさんも同航空の客室乗務員で、今年3月に行方を絶ったマレーシア航空370便に乗務予定だったが、出発前に勤務を交代して惨事を免れていた。

サンデュさんの父親は「運命はあまりに不公平だ」と嘆く。サンデュさんには10歳の息子がいた。妻はフェイスブックにメッセージを寄せた。「あなたは逝ってしまって、もう戻って来ない。安全な旅を祈ります。そちらの方がずっといい場所のはずだから」

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]