インドで「世界最大の選挙」 知っておくべき11のこと

インドで「世界最大の選挙」が始まった。押さえておくべきポイントは?

インドで「世界最大の選挙」が始まった。押さえておくべきポイントは?

(CNN) インド総選挙の投票が7日に始まった。有権者は下院議院543人を選び、次いで下院が次期首相を選出する。この世界最大の民主選挙で注目すべき11点をまとめた。

1.大規模な選挙

まず選挙の規模が巨大だ。有権者数は8億1400万人にもおよぶため、投票には時間がかかる。9期間に分け、5週間をかけて投票が行われる予定だ。開票作業は5月16日に行われ、同日中に集計が終了する見通し。

2.最大の争点は経済

選挙で最大の争点となるのは、停滞する経済だ。2000年代には中国並みの8~10%の成長を続けていたインド経済だが、2012年ごろに減速した。現在もGDP(国内総生産)成長率は5%以下にとどまる。慢性的なインフレも懸念材料だ。

成長の再加速と貧困の緩和のどちらを優先すべきか、政治家や学者の間でも議論が分かれている。

3.インド人民党と「モディ旋風」

本命は、最大野党でありヒンドゥー至上主義が色濃いインド人民党(BJP)。下院で最多議席を獲得し、歴史的大勝を収める勢いだ。ただ、圧倒的過半数を確保して連立を組まずに政権を樹立できるかどうかは不透明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]