「バンコク封鎖」のデモ続く 銃撃で負傷者、バス放火も

街角にはボランティアの警備員の姿も

街角にはボランティアの警備員の姿も

しかし治安当局責任者によると、アピシット前首相の自宅に14日夜、爆発物が投げ込まれた。前首相は野党民主党の党首で、PDRCのメンバーではないと明言する一方、デモに姿を見せている。

市内の主要交差点のひとつでは、デモ参加者2人が何者かに銃で撃たれて負傷した。このうち1人は重傷を負ったが、命に別条はないという。別の交差点ではバス2台が放火された。

また警察によると、市内で情報を収集していた警官4人がデモ隊側の警備員2人に襲われた。警官のうち1人は入院中とされる。

国際人権団体や国連、米政府はタイ当局と反政府デモ隊の双方に対し、人権尊重と暴力の自制を呼び掛けている。

米国務省の報道官は13日、「当局が示してきた自制的な姿勢を高く評価する」と述べたが、不測の事態を懸念する声も強まっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]