アラファト氏毒殺説裏付けか 遺体からポロニウム検出

アラファト氏遺体からポロニウム検出

(CNN) 2004年に死去したパレスチナ自治政府のアラファト議長(当時)の死因を巡り、スイスの研究機関がアラファト氏の所持品や組織を調べた結果、放射性物質のポロニウム210が相当量検出されたと発表した。同氏の毒殺説を「ある程度」裏付ける結果だとしている。

アラファト氏は04年11月、パリの病院で死去した。当時は病死とされたが、12年に所持品の一部からポロニウム210が検出されたことを受け、毒殺を疑う妻の希望で遺体が掘り起こされ、スイスの研究機関が調査を進めていた。

その結果、下着に付着した尿の染みなどの痕跡から相当量のポロニウムが検出されたほか、遺体から採取した骨などの検体からもポロニウムが見つかったという。

ただ、血液などの標本がほとんど残っていなかったことや、ポロニウムの半減期が138日と短いことなどから、8年後の検出は「非常に難しく、不確実な部分も多い」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]