アラファト氏毒殺説裏付けか 遺体からポロニウム検出

アラファト氏の遺体は毒殺を疑う妻の希望で掘り起こされ、研究機関が調査していた

アラファト氏の遺体は毒殺を疑う妻の希望で掘り起こされ、研究機関が調査していた

この結果について英国の専門家は、「アラファト氏が死去した当時、体内に一定量のポロニウム210があり、健康状態が相当悪化していたことをうかがわせる」と指摘した。

アラファト氏の死を巡り、イスラエルによる毒殺説を主張してきたパレスチナ自治政府の幹部は今回の結果を受けて、「すべてがイスラエルの仕業であることを指し示している。同国にはこのような毒殺の実績がある」と主張、国際的な犯罪捜査を求めると表明した。

これに対してイスラエルの外務省報道官は6日、「我々は無関係だ」「イスラエルの関与を裏付けるものは何もない」と反論している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]