イラン狙撃部隊が狙うのは「ネズミ」、40チームで退治作戦

イラン狙撃部隊が狙うのは「ネズミ」

(CNN) ネズミの繁殖に頭を悩ませるイランの首都テヘランで、狙撃チームが空気銃でネズミを撃つ訓練を受けている。

当局者によると、貨物船に紛れて外国からイランに入り込んだドブネズミが大繁殖したという。市内26地区で問題になっている。

このため日中は殺鼠剤(さっそざい)を使ってネズミを駆除する一方で、夜間は狙撃チームが赤外線レンズを使ってネズミを追う作戦に乗り出した。当局者は「(コンピューター)ソフトウェアを使ってネズミが集まる場所を突き止めている」と話す。2013年末までに40の狙撃チームを組織して、ネズミ退治に当たらせたい考えだ。

これまでに駆除したネズミの数は2205匹。死骸は焼却処分にするか、専用の捨て場に埋めているという。

狙撃作戦の効果については大学の研究チームが政府と共同で検証を進めているが、当局者は「テヘランのネズミの数は減りつつある」と楽観的な見方を示している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]