世界で最も危険な孤島? ひとりの時間を求めて

ノルウェー領スバールバル諸島の最南端の島、ビュルネイ島 写真提供=PETER PROKOSCH

ノルウェー領スバールバル諸島の最南端の島、ビュルネイ島 写真提供=PETER PROKOSCH

(CNN) 近頃のくだらないテレビ番組やアプリを見て21世紀に失望したら、世界で最も孤立した島々で「自分だけの時間」を満喫してはいかがだろうか。

ただし、黄金の砂や風に揺れるヤシの木などを想像してはいけない。現実の孤島はそんなに甘くはない。

トリスタン・ダ・クーニャ (南アフリカから1750マイル)

南大西洋に浮かぶイギリス領トリスタン・ダ・クーニャ諸島は、南アフリカから1750マイル(約2816キロ)、南米から2000マイル(約3219キロ)の距離にあり、世界で最も孤立した諸島と言われる。

トリスタン・ダ・クーニャへの行き方:決して楽な旅ではない

公式サイトには次のように書かれている。

「旅行者向けのパッケージツアーはなく、現地にはホテル、空港、観光案内所、ナイトクラブ、レストランは一切ない。またジェットスキー場や安全な海水浴場もない」

訪れる際は、事前にアイランド・カウンシルの許可を得る必要がある。また犯罪経歴証明書も取得する必要がある(通常、取得に40日かかる)。

南アフリカのケープタウンとナミビアからトリスタン・ダ・クーニャに向かう船が毎年約10便出ている。いずれも到着まで5~6日かかり、料金は往復で800~1500ドル(7万4000~13万8000円)。利用可能な船は公式サイト(www.tristandc.com)で確認できる。

ビュルネイ島 (欧州北岸から400マイル)

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]